2018冬アニメ

今期視聴・録画しているアニメは以下の通りです。

全部で16本。前クールの未視聴作品も残っていて、レコーダー残容量の自転車操業は絶賛継続中です。
見ているなかでは、「ゆるキャン△」と「Fate/EXTRA Last Encore」、「刻刻」あたりが好きです。「刻刻」は一部改変もありつつ、原作のエッセンスを的確にアニメへと置き換えていてとても好ましいです。キャラクター原案の梅津泰臣によるエンディングも素晴らしい。「ゆるキャン△」は描写がとにかく丁寧で、脚本・編集の堅実さも相まって、キャラクターの魅力を十全に伝えることに成功していると思います。あと、東山奈央さんの声が実によいです。「Fate/EXTRA Last Encore」はFate世界に親しんでいる人なら充分に楽しめる内容になっていて、ドレイク船長やロビンフッドなど、敵側のキャラクターが短い描写ではありながら際だって描かれています。あとネロがかわいい。

そのほかですと、かおり監督の新作「ミイラの飼い方」も、監督自身によるエンディングがとても魅力的です。「ラーメン大好き小泉さん」は、取り上げるお店のチョイスもわりと普通だし、これまで知らなかったラーメンの魅力を再発見できるわけでもないのですが、かといって来週から見なくてもいいやとはならず、ついつい見続けてしまう癖になる作風で、おそらくは物語におけるヒーロー/ヒロイン像の、ある種パロディ的な変型としての小泉さんの描かれ方に、惹きつけられるなにかがあるのでしょう。

今期一番楽しみにしていた「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、放送が終わってからまとめて見ることになりそうです。